NAロードスター専門パーツショップ RSプロダクツNBロードスター専門パーツショップ RSプロダクツ NCロードスター専門パーツショップ RSプロダクツNDロードスター専門パーツショップ RSプロダクツroadstar NA NB NC EUNOS MAZDA parts RS Productsroadstar NA NB NC EUNOS MAZDA parts RS Productsroadstar NA NB NC EUNOS MAZDA parts RS Productsroadstar NA NB NC EUNOS MAZDA parts RS Products roadstar NA NB NC EUNOS MAZDA parts RS Products

2017年

7月

11日

ND用ゲージ製品/追加製作分(即納可)

昨年の軽井沢ミーティング[当日限定]で発売したND用ゲージパネル二種と、照明色変更用カラードレイヤー二色について、ここ一年でとにかくたくさんのNDオーナーさんたちから「正式発売はいつ??」と熱心なお問い合わせを頂いて参りました。私の個人的な事情というか意地というか、諸々の背景があって「正式販売は時期尚早」と判断し、多くの方々に歯がゆい想いを強いてしまっておりました。

 

本日、こうしてリリースの告知について述べますが、これもやはり[正式販売]ではなく[限定販売]とさせて頂こうと思います(なかなか一筋縄ではいかない感情的な理由)。

 

限定数は本記事の最後に記載しておりますので、これまでリクエスト下さっていた皆様におかれましてはどうかこの機会をお見逃しないようご注意下さい。


今回は限定リリースするのは、メーターの盤面意匠(デザイン)を変更する「ゲージパネル」と、純正ではホワイトで発光するイルミネーションカラーをレッドもしくはブルーに変更する「カラードレイヤー」の2アイテムです(画像クリックで拡大します)。

 

以下にそれぞれの特徴について言及致しますので、ご購入を希望されるNDオーナーさんには是非じっくりとお読み頂きたいと思います。

[TYPE-101の解説]

 

まずはこちらが「ND用ゲージパネルTYPE-101」となります。開発時にはコードネームとして [ KAKO ] と呼んでいた意匠です。特徴としては、中央のタコメーターの内周部分(警告灯が雑多に配置されている部分)を上品なアイボリー色とし、各警告灯が「点灯した時のみ」に見えるように細工をしました。このアイボリーはタコメーターだけで無くその外側の4ヶ所のウインカー・警告灯部分にも採用することにより、純正メーターの「黒一色」のトーンを劇的に変更する効果があります。またスピードメーターとも古き良き時代のスミスメーターをモチーフとした「RSプロダクツ謹製フォント」を採用し、スケール(目盛り)も視認性重視でシンプルな刻みとしました。

 

なぜ [ KAKO ] と呼んでいたかというと、その上品さ・理知的な雰囲気と古風(伝統的)な佇まいから、あの「プリンセス○○さま」的なお姿を想起させる意匠だからです。気品溢れる美しさと品格、そしてトラディショナルなバックグラウンドを感じる、それがこのTYPE-101なのであります。

 

[TYPE-102の解説]

 

こちらはTYPE-102となります。コードネームとして [ YUI ] と命名していました。白く見えている部分が帯状に発光するのがこのこのモデルの特徴で、昼間は帯部分がホワイトに見え、夜間はカラードレイヤーの色に準拠して発光するため「昼と夜の顔」を二種類楽しめる仕様となっております。またフォントは放射線状に配置することにより、オールドUKスタイルを醸し出しつつ、スポーティさの演出にも一役買っています。[ YUI ] というコードネームの元は、みなさまのご想像にお任せします(色々な「ゆいちゃん」がいますよね。でも不思議とみんな共通してこの102の持つ特徴をもった素敵な女性だったりします)。

 

 

こちらはそのTYPE-102と「カラードレイヤー(レッド)」を併用した場合のサンプル発光イメージ。昼間は白、夜間はこのような鮮烈なレッドに発光します。これまでNA〜NCまでで「やりたくてもやれなかったギミック」を、今回ついにND用で採用しました。

 

 

一方こちらはTYPE-101に「カラードレイヤー(ブルー)」を合わせたサンプル。私を含む屈強なNAオーナーさんたちが納得する「精細で美しいイルミネーション」を求め続けたノウハウを結集させています。この美しさを実現するためには、高品質なシルクスクリーン版と、その元になるデータの精度、また純正光源であるホワイトLEDとの相性に関する長期間の検証など様々な要素が高い次元で求められるのです。

 


 

上の画像左側はTYPE-101のスピードメーターで、右側がTYPE-102の警告灯全点灯イメージ。こう見ると、それぞれに付与したコードネームは「言い得て妙」だと実感します(画像クリックで拡大します。それぞれジックリと見てやってください)。あと1点お断りしておくのは、右側のメーター周囲のサークルは実際には点灯しません。つまり、クルマに乗り込んでエンジンを回す前の「鼓動」の演出は視認できなくなります。お求めの際はどうぞこの点につきご了承下さい(「鼓動」演出用のLEDの光はタコメーターの1時と7時の位置からのみ視認できます)。

 

「俺は佳子にも結衣にも興味はねえ。純正メーターのイルミネーションカラーを変更できればそれでいいんだ!」という向きにも朗報。カラードレイヤーは単体でもお買い求め頂けます。本来、NDロードスターのイルミネーションカラー変更には「チップLEDの打ち替え」しかその術はありませんでした。費用は張るし、何より純正ホワイトに復帰するのが困難なカスタムです。しかしこのカラードレイヤーを用いれば打ち替え費用の半額以下、また純正ホワイトにも簡単に復帰が可能なのです。一見ただのカラーセロファンの様相ですがその実、耐熱性・耐久性や発色性を極限まで追い込んだ特殊部材を採用した逸品です。そう、このお値段には理由があるのです。

 

なお、このカラードレイヤーの装着によって左側の液晶表示の視認性は落ちます。夜間は全く問題ありませんが、昼間はかなり見づらくなります。これも、上記効果とのトレードオフであることを事前にご理解のうえでオーダー頂きたいと思います。

というわけで、ゲージパネルをひとまず各10セットずつ、カラードレイヤーを20セットずつご用意しました(ゲージパネルとカラードレイヤーを同時オーダーの場合には若干ではありますがお買い得となっております)。

 

なお、少量限定販売品で今から争奪戦の様相を呈しております。それゆえ、キャンセル不可商品として「代引き決済」はご利用頂けません(配達時のキャンセル(受取拒否)防止のため)。ですので、以下のカートから決済画面に進む際にはお支払い方法を「銀行振り込み」もしくは「Paypal経由カード決済」のいずれかでオーダー頂きますよう宜しくお願い致します

 

 

限定生産品:NDロードスター用製品各種

・組み合わせは下のプルダウンメニューより選択下さい

・数量限定製品につき完売の際はどうかご容赦下さい

・半受注生産品のためお支払日起算で約1週間程お時間を頂戴することがございます

¥12,800
カートに追加する
  • 在庫僅少
  • 即納可能1

2017年

7月

05日

ひと段落

大変多くのみなさまをお待たせしていた受注生産品「M2タイプ・ビンテージクラスター」の製作・出荷がヤマを超えました(あと数名のお客様、いましばらくお待ち下さいませ)。軽井沢を欠席してまで取り組んだ製造作業、本当にタイヘンでした…。ただ、受け取った方々から頂く「絶賛」ともとれる内容のメールを見ると、その苦労も報われる気持ちがします。

 

まだ部材のストックはありますが、一旦今月いっぱいで受注を終了しようかなと考えております。ご検討中のNAオーナーさんは、ぜひこの機会にご用命下さいませ。

M2タイプ・ビンテージクラスターをご注文頂いた方から追加でご用命頂くのがこの「クラシックA/Cパネル(透過光仕様)」です。材質こそ異なりますが、表面の質感やフォントのあしらいが共通しているため「メーターだけで無くセンターパネル部分も!」と欲が出てしまうのも納得です。イルミネーションカラーを、メーター同様にグリーン・レッド・ブルー・ホワイトから選択可能なところも人気の秘密です。僕のNAは現在メーターがグリーンでACパネルがホワイトというチグハグ仕様でお恥ずかしいのですが、サイト用の素材画像を撮り終えたらスグにグリーンで統一させる予定。「統一感」は大切です。

 

NA用ACパネル各種、リニューアル特価を延長してりますが、こちらも今月いっぱいで終了予定ですのでどうかお見逃しなく。

2017年

6月

06日

ただただ「感謝」です

軽井沢をキャンセルしてまで取り組んでおります「M2タイプ・ビンテージクラスター」の生産作業、順調に進んでおります。出荷予定リストを日々チェックしながら楽しみにして頂いている皆様、順次発送して参りますのでどうかいましばらくお待ち下さいませ。

 

さて、表題の件。これだけたくさんの方をお待たせしているのにも関わらず、誰一人として「催促」や「お怒り」のメールや電話がないことに対してのありのままの気持ちです。長年培ってきたブランドの信頼だけでなく、ご用命下さるみなさまの「ご理解」があってこその受注生産方式。ある方は「のんびり待ってますからぜひ良いモノを」とか、またある人は「待つ時間も楽しい時間」などと仰って下さいます。本当にありがとうございます。

 

地道で孤独な闘いですが、皆様への感謝の気持ちを製品に込めます。頑張ります。

2017年

6月

02日

ビンテージクラスター出荷状況[随時更新]

多くの方をお待たせしております「NA用M2タイプ・ビンテージクラスター」ですが、順次出荷を開始しております。ご注文時にRSプロダクツよりお送り致しましたメールの件名内「ご注文番号NAVT****」ではじまる番号の下三桁をご確認頂き、以下のリストにて状況をご確認頂けます。このリストは随時更新して参りますので「準備中」のみなさまはどうぞ宜しくお願い致します(末尾001〜026のオーダーは発送済み)。

※スマートフォン等でリストの表示が乱れる場合は、お手数ですがPCブラウザにてご覧下さい。

 

[2017年7月21日/10:08更新]

末尾3桁

027

028

029

030

031

032

033

034

035

036

037

038

039

040

041

042

043

044

045

046

047

048

049

050

051

052

053

054

055

056

057

058

059

060

061

062

063

064

065

066

067

068

069

070

071

072

073

074

075

076

077

078

079

080

081

082

083

 

 

出荷状況

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

店頭引取

店頭引取

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

キャンセル

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

---

発送済み

発送済み

発送済み

---

発送済み

---

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

発送済み

準備中

準備中

発送済み

発送済み

準備中

準備中

準備中

準備中

出荷予定日

 -

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

 -

 -

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

ステータス 

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

 -

 -

 -

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

出荷準備中

本体製作準備中

-

-

本体製作準備中

本体製作準備中

本体製作準備中

本体製作準備中


2017年

5月

20日

まもなく発送開始


ACパネル再販分、パイロットランプのレンズ埋め込みが完了致しました。検品・個包装を経ていよいよ発送となります。お待たせしている皆様、もう間もなくですのでどうか宜しくお願い致します。

 

アルミビレットA/Cノブ&ダイヤルセットとのお得なセット価格のご案内はコチラ

2017年

5月

17日

NA用ACパネル準備中


ご予約分の製作を急いでおりますクラシックA/Cパネル二種ですが、印刷を終えた全てのパネルへパイロットランプ(ブラケット)の組み込みを終えました。この後に赤のレンズを埋め込み、パッキングを経て出荷となります。お待ち頂いている皆様、もう間もなくですのでどうか宜しくお願い致します。なお、今回製作ロットに関して現在もオーダーを受け付けておりますのでどうぞこの機会にご検討下さい(アルミビレットA/Cノブ&ダイヤルセットとのお得なセット価格でご案内中です)。

2017年

5月

03日

第3陣の出荷予定

NA用M2タイプ・ビンテージクラスターですが、第3陣の出荷を控えた最終検品を行っております。ご注文番号末尾[031]以降のみなさま、5月中旬頃の発送を目指して連休返上で頑張っておりますのでどうかいましばらくお待ち下さいませ。

 

なお、その後も続々と生産を行っていく必要があり、既報通り本年の軽井沢ミーティングはお休み致します。同時に、M2タイプ・ビンテージクラスター自体の受注も一旦打ち切る可能性がございますことも併せてご案内させて頂きます(いわゆる「生産が追い付かない」というやつです)。

 

ズシリとくるこの重量級アイテム、ご注文頂いている皆様はどうぞお楽しみに。

 

2017年

4月

21日

アルマイトの仕上がり具合

NA用ACパネルのアルマイト工程が終了し、昨日オフィスに到着しました。業界でも腕利きの表面処理屋さんゆえ、品質はピカイチです。ただ、印刷工程に回す前には念のためこうして一枚ずつ検査をします。印刷の後には、この一枚一枚にパイロットランプを埋め込み・固定作業がございます(「なんでこんな手間のかかる仕様にしたんだろう」と自らに問いますが、「だってカッコイイんだもん」と自答)。

そして、多くの方をお待たせしているクラシックスイッチ用の表示プレートも同様に検査です。内側の2つの穴はいいとして、外周部分にアルマイトの色飛びなどがあるとNGです。また打痕などがないかも入念に調べます。この後ブラックは2色、シルバーは1色の印刷工程へと向かいます。

 

悔しいことに、大型連休を挟むためどうしても最終製品としての出荷は5月中旬頃となってしまいそうです。軽井沢の欠席を決めた以上、M2タイプ・ビンテージクラスターとともにこれらバックオーダー分は意地でもやり遂げようと決心しています。みなさまどうかいましばらくお待ち下さいませ。

2017年

4月

20日

品質検査前の一枚

現在、受注生産品の「M2タイプ・ビンテージクラスター」の製造の真っ最中です。そんな中、同時装着をお薦めしているニードルキャップ各種のうち「ブラックアルマイト」と「アルマイトシルバー」の二種が出来上がって参りました。既に完成している「クローム」とともに、1点ずつ入念な検査を経て丁寧にパッキング致します。

 

既報通り、お申し込み受付番号末尾001〜015の方々へは今月末より、016〜030の方々へは5月中旬頃より順次発送を開始し、031以降の皆様へもできるだけ早くお届けできるよう努力致しますのでどうかいましばらくお待ち下さいませ。

2017年

4月

18日

軽井沢2017は欠場致します

2006年より参加を続けて参りました軽井沢ミーティング(2012年は欠席)でございますが、本年は断腸の想いで欠席を決めました。多くの方をお待たせしている「M2タイプ・ビンテージクラスター」の製造に集中したいということが主な理由です。イベント自体は1日ですが、しかし例年ミーティングのために行う準備のボリュームは膨大で、在庫管理上のミスや梱包漏れなどのリスクを考えると、製品製造と軽井沢準備を併行して行うことは困難だと判断しました。ミーティング会場での「軽井沢特価」を目当てに待機しておられるみなさまには大変申し訳ございませんが、最高の製品を仕上げるための苦渋の決断であることをどうかご理解頂きたいと思います。

 

2018年は捲土重来の予定でございますのでどうか皆様よろしくお願い致します!

2017年

4月

12日

NC2/3マニュアル車用再生産

完売から1年以上経過し、熱心なNCオーナーさんから再販リクエストを頂戴していた「NC2/3用ゲージパネル TYPE-101」のマニュアル車仕様を少量ですが再生産致しました。お待ち頂いておりました皆様、こちらからオーダー頂けますのでこの機会にぜひご検討下さい。

 

昼間は「白文字+黄色文字」の表情をみせますが、夜間はご覧の通り鮮烈な純正レッド発光をお楽しみ頂けます。また、下で説明しております「レッド指針化フィルム」により、本来ホワイト発光の指針までも赤発光にできます(画像クリックで拡大します)。「これぞ計器」といった印象ですね。RSプロダクツオリジナルのクラシカルフォントのみならず、スケール(目盛り)の意匠にも拘ったグラフィックで、キロ表示圏の欧州のオーナーさんからもたくさんのご用命を賜りました。

同じく欠品しておりましたニードルキャップ群も若干数ながらご用意致しました。赤指針化をご希望のオーナーさんは「レッド指針化フィルム付き」をプルダウンメニューから選択の上ご用命下さい。

同時装着により、さらに質感の向上をお約束するリセットノブカバーも特別価格にてご提供中です。ゲージパネルのご用命と併せてぜひご検討下さいませ。

 

次回はいよいよ「ND用」に関する情報をご案内致します。

2017年

4月

07日

受注生産品:進捗レポート

昨年11月よりお申し込み受付を開始した「NA用M2タイプ・ビンテージクラスター」の次回ロット分ですが、予定よりもやや遅れて生産中です。実に半年近くお待たせしている方もいらっしゃるのですが、メインパネルのシボ塗装の上がり具合を試行錯誤したり、製品のキモとなるクロームリングの仕上がりが遅れていたりと「コダワリゆえの遅延」が発生しており皆様にはご迷惑をおかけしております。お申し込み受付番号末尾001〜015の方々へは今月末より、016〜030の方々へは5月中旬頃より順次発送を開始し、それ以降の皆様へもできるだけ早くお届けできるよう努力致します。実物を手にされた時の「おおぉ〜」というみなさまの感嘆の声を想像しながら、最高の逸品を一基ずつ丁寧に仕上げて参ります。どうかいましばらくお待ち下さいませ。

2017年

3月

07日

オールドスタイル

NA用M2タイプ・ビンテージクラスター」の再販分ですが、現在鋭意製作中です。この製品のキモとなるクロームリングの仕上がりが若干予定より遅れている関係で、発送予定を「4月から順次」とさせて頂きます。ご用命頂いている皆様、申し訳ございませんがどうぞご理解下さいますよう宜しくお願い致します。

 

さて、今回の画像は「TYPE-AとTYPE-Bの違い」についてです。最近この製品をお知りになった方々からたまに「何が違うの?」というご質問がありますが、どうやら情報満載のRSプロダクツサイトの中で彷徨っているうちに漂流してしまったのかもしれませんね。はい、この画像のように「小メーターの仕様」が違います。詳細についてはこちらで語っておりますのでどうぞご一読下さい。

実際の配置は違いますが、こうして3つ並ぶと壮観です。10年以上に渡って温めてきたプランが実現した時(2015年の発売当時)は鳥肌が立ちました。製作者自身が興奮するこの仕様、TYPE-Bよりも若干値が張ってしまうのが歯がゆいのですが古き良き時代に想いを馳せたい向きにはお薦めです。

2017年

3月

03日

透過光仕様完売間近

フォントのデザインとパネル本体の質感、またA/Cユニット専用ホワイトバルブでの発光色に加え、一部を青や赤に任意に決められるという特徴の全てを表現した一枚。またいつものように例の撮影スポットでのライティング効果です。

 

ver.Iとver.IIのそれぞれの出荷数はほぼ同じですが、製作した数(出来上がった数)がver.Iのほうが少なかった為にまもなく欠品となります。新素材の硬度と抜き型の相性から歩留まりが悪い(ロスが多い)今回のこの製品。二ヶ月以内に再製作予定ですが、希望する数が取れるのかが問題です(欠品を避けたいのはヤマヤマなのですが、強い拘りが込められたこのような製品はなかなか量産には向かないのであります)。

 

新仕様をご購入頂いたみなさまから続々と感想を頂戴しています。

 

「みすぼらしく色あせていたAC部分がこの製品で見違えるようになりました」

「ただのパネルにしては高いなと思っていましたが、装着してみて諸々納得しました」

「旧仕様からの買い換えですが、新素材最高です」

 

ご購入頂いたみなさま、感想や画像を頂戴し誠にありがとうございます。

「たかがACパネル」と言うなかれ。その位置関係から意外に目立つこの部分、その換装効果を未体験の方は是非ご検討下さい。

 

2017年

3月

01日

完売製品を再販致します。

透過光仕様のACパネル再販に多くのご用命ありがとうございました。ver.Iはまもなく初期ロット完売、ver.IIはまだ若干余裕がございます。引き続き、どうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、透過光仕様の再販直後より多くのお問い合わせを頂いていた非透過仕様の変態スパルタンモデル「クラシックA/Cパネル(ブラックアルマイト)」および「クラシックA/Cパネル(シルバー)」の再販についてですが、ここのところかなり熱のこもったお便りが多く、押し切られるような形で再販を決定しました。

そもそも、「夜間は全く光らない(AC作動灯はパイロットランプにより点灯)」このモデルは、私が長年作りたかったフォント・配色・意匠(デザイン)を凝りに凝って仕上げた品で、パイロットランプまで埋め込んでしまった超絶変態仕様。このアイテムが早々に完売してしまうなどとは予想もしておらず、ましてやセカンドロットの生産にこうして踏み切ることになろうとは思ってもみませんでした。「おいらが欲しいんだから誰がなんといおうと作るんだよ!」という具合で鼻息荒く自己満足で製作したモノがこうして評価されて感激であります。

いつぞやか某自動車専門SNS上で、あるユーザーさんの不満な点として「TEMPERATUREと AIRFLOW MODEのデザイン統一感の無さ・ A/C緑表記がくどい」というレビュー表記を目にしたときは卒倒しそうになりました。というのも、このデザインはおよそ丸1週間かけてああでもないこうでもないと練り上げたもので、メーター類のデザインをする時もそうですが「フォントの統一感」「規則性」「いにしえの名車のインパネへのリスペクト」は私が最低限厳守している要素であるからです。そのレビューを見たとき「これのどこに『統一感の無さ』があろうぞ」と珍しく憤慨した記憶があります。黄色文字部分は黄色文字部分で統一感を、白部分は白部分で統一感をそれぞれ持たせていますが、その意図が伝わっていないことがとにかく残念でした。緑部分などは、わざわざこの部分だけの為にシルク版を1版製作しましたし、黒アルマイトの上に緑はうまく発色しないからと、わざわざ下地に白を引くという凝りようで、「社長、ここは白か黄色ではダメなんですか?」という製造担当部長を「ここを緑にしないんなら出す意味が無いほど拘っている」と説得した箇所です。ま、確かにこの緑部分に関しては好みの問題もありますので私もそんなに気にしませんが「統一感云々」に関してSNSで流布されたことは今でも悔しくて悔しくて堪りません(普段はサラリと読み流す私の製品へのレビューですが、さすがにあの的外れな批判記事だけは看過できないのでささやかなる抗議をここでしておきます。私もプライドを持ってやっていますので)。

特に再販のリクエストが多い「シルバーアルマイト仕様」ですが、みなさま「アルミビレットA/Cノブ&ダイヤルセット(シルバー)」との同時装着をご希望のようです。「透過光仕様の時と同様、セット販売特別価格でお願いします」旨のお便りが多いことからも窺い知れます。これにクラシックスイッチ(RS-S)ステンレスビレットA/Cリングを合わせればセンターパネル部分のカスタムは完璧だと思います。ブラックを選ぶかシルバーを選ぶか、それは「オーディオ部分の色味」がキーになるように思います。

ブラックアルマイト版・アルマイトシルバー版ともに、「パイロットランプ貼り付け作業」がかなり苦心する部分で、一気にたくさん生産できないのが辛いこの製品。5月以降のデリバリー予定で月産10枚ほどずつを予定していて、それぞれ30セットずつの再販となります。発送開始の頃には完売の可能性があるので、再販をお待ちかねだったみなさまはどうかこの機会にご用命下さい。

なお、アルミビレットA/Cノブ&ダイヤルセットとのセット販売と再販特別価格でのご提供を5月末までの受注分に限り行いますのでどうぞ宜しくお願い致します。

クラシックA/Cパネル単体(再販特別価格)

製品の詳細はこちらもしくはこちらのページをご覧下さい

¥10,800
¥9,800
カートに追加する
  • 在庫有
  • 即納可能1
クラシックA/Cパネル+ノブ・ダイヤルセット(特別価格)

ノブ・ダイヤルセットの詳細はこちらもしくはこちらのページをご覧下さい

¥20,600
¥19,000
カートに追加する
  • 在庫有
  • 即納可能1

2017年

2月

24日

撮影苦労話

撮影機材を一新してからというもの、オフィスの行き帰りの車内では信号待ちの度に撮影をしております。サイトに掲載するためというよりも、新しい機材の操作やアルゴリズムを把握するための訓練としてシャッターを切っております。そうこうしていると、「あそこの交差点の信号待ちの」とか「あの店の駐車場が」とか、好みのライティングが得られるスポットが絞られてくるのですが、必ずしもその信号で止まれるかどうかとか、その店のその駐車場の「その駐車スペース」が空いているかなどは時の運です。

 

さてこの一枚。私の現在のNAの「M2タイプ・ビンテージクラスターTYPE-B」と「NA用クラシックゲージパネルTYPE-MG(ver.II)」および「ニードルキャップ(チタンアルマイト)」が装着されている様子ですが、これも「ある店のある駐車スペース」でのみ得られる絶妙なライティングの下で撮影したものです。惜しむらくは、ニードルキャップやパイロットランプのピントに対し、ゲージパネルのフォントやスケールにピントが合っていないという部分です。

 

この機材には「深度合成」という機能が搭載されていて(あー、機種がバレてしまう)、異なるフォーカスポイントで複数枚(8枚)撮影された画像を自動的に「フォーカスの合った部分のみ」だけをカメラ内で合成してくれるのですが、この一枚はピントを移動させる範囲の設定を見事に誤ってしまった例です。無論、センサーサイズの小さいコンデジやiPhoneなどで撮影すれば広い範囲にピントが合って楽チンですが、いかんせんこのような「質感表現」ができないので使いません。

 

というわけで、質感溢れる究極の変態・贅沢仕様「NA用M2タイプ・ビンテージクラスター」は引き続きお申し込み受付中です。

 

2017年

2月

05日

NA用新ACパネル 先行発売

大変ながらくお待たせ致しました。NA用エアコンパネルの透過光仕様のリニューアル再販と新モデルを発表させて頂きます。製品詳細ページの製作と車両装着画像は間に合っておりませんが、ここ数週間の「まだですか?」のお問合せにお応えする形で、このコラムページにカートを設置して先行販売とさせて頂きます。

 

まず今回のリニューアルの最大のPRポイントはズバリ「新素材の採用」です。これまでの透過光仕様のACパネルは光沢透明樹脂+シルク印刷の部材の表面にマット(つや消し)の透明顔料を塗布したものでした。しかし今回は「部材そのものが半光沢に成型されたもの」であるため、傷に強く、また熱にも強い特性があります。つや消し透明顔料のものは、どうしても「白っぽく」なってしまった表面質感ですが、今回の新素材は透明度と半ツヤ感を見事に両立してくれます

次にデザイン面のお話です。このver.Iはその名の通り以前ラインナップしていた透過光仕様のパネルとほぼ同意匠です。「ほぼ」と言うのは、フォントの大きさや文字間隔を若干修正したり、配置を最適化させたりしたからです。いつものように「言わなければ分からない自己満足的コダワリ」を込めています。クラシックスイッチの旧バージョンとの相性もバッチリです。

そしてこちらが今回のリニューアルに合わせて新規に製作した意匠のver.IIです。以前のコラムでも述べましたが、過去に販売していた「オリジナルA/CパネルTYPE-SB1」で絶大な人気を誇ったフォントを採用しています。高級感とノスタルジック感を兼ね備えたこのフォント、お好きな方が多いです。

ver.Iもver.IIのいずれも、付属のカラーフィルムを任意の位置に貼り付けて頂くことでレッド・ブルー・グリーンに発光させることができます。複数の色を使用することにより、昼間は全て白文字で、夜間発光時に配色を楽しむコトが出来ます。例えば、冷房側の三角印の裏にはブルー、暖房側をレッド、その他のフォントをグリーンで統一させて、またダイヤル下部の[A/C]の部分のみ純正ACパネルを踏襲してブルーに発光させる…など。また上記写真(旧仕様時代のもの)のように別売りのA/Cユニット専用ホワイトバルブを使用すれば雰囲気抜群です(この場合はホワイトに発光させる部分にフィルムを貼らずに使用します)。カラーに悩んだら、メーターの照明に合わせて統一感を出す方法がベストです。

というわけで、お待ちかねの方々に向けてこのコラムページ始まって以来の先行販売カートを以下に設置致します。リニューアル記念特別価格の設定と、同時装着をお薦めする「アルミビレットA/Cノブ&ダイヤルセット(ブラック/シルバー」との特別セット価格を設けました。いずれも7月中のオーダーに限らせて頂きますのでどうかこの機会にご検討下さい。

クラシックA/Cパネル(透過光仕様)ver.I

 

リニューアル再販特別価格

¥9,800
¥8,800
カートに追加する
  • 在庫僅少
  • 即納可能1
ver.I + アルミビレットA/Cノブ&ダイヤルセット

クラシックA/Cパネル(透過光仕様)ver.Iと同時装着をお薦めするアルミビレットA/Cノブ&ダイヤルとのセット販売です。ブラックアルマイトまたはアルマイトシルバーよりご選択下さい。

リニューアル再販特別価格

¥19,600
¥18,000
カートに追加する
  • 在庫僅少
  • 即納可能1
クラシックA/Cパネル(透過光仕様)ver.II

リニューアル再販特別価格(2017年7月末日迄)

¥9,800
¥8,800
カートに追加する
  • 在庫僅少
  • 即納可能1
ver.II + アルミビレットA/Cノブ&ダイヤルセット

クラシックA/Cパネル(透過光仕様)ver.IIと同時装着をお薦めするアルミビレットA/Cノブ&ダイヤルとのセット販売です。ブラックアルマイトまたはアルマイトシルバーよりご選択下さい。

リニューアル再販特別価格(2017年7月末日迄)

¥19,600
¥18,000
カートに追加する
  • 在庫僅少
  • 即納可能1

 

 

みなさまからのご用命、心よりお待ち申し上げます。

2017年

1月

30日

ACパネルの発表の前に…

もったいぶっているワケではなく、単に「素材が揃わない」という理由で撮影が難航している透過光仕様のエアコンパネル。最近、撮影機材を一新し、その特性や操作感覚を掴むのに苦労しているというのも理由の一つ。「見たままのカッコ良さを伝えるため」にこれまで培ってきた撮影テクニックですが、今回の機材は「小細工無しの撮って出し」ができそうな予感。

 

良いカメラ・良いレンズの定義は色々あるでしょうが、私は断言します。「見たままの質感を簡単にそのまま写し撮れるのが良いカメラ(レンズ)」であると(この「簡単に」という部分がミソです)。

 

水温計に写り込んでしまった某コンビニの看板照明だけが悔やまれます。こればかりは私の不注意であり、機材には何の罪もありません。

 

M2タイプ・ビンテージクラスター、引き続きお申し込み受付中です。

2017年

1月

17日

10セットのみ入荷

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、長らく欠品しておりましたクラシックスイッチが入荷致しました。写真の現行モデルと、旧仕様合わせてわずか10セットのご用意となりますが、お問い合わせを下さっていた皆様はどうぞこの機会にご用命下さい。個別にご案内ができないため、このコラムをご覧の方への早い者勝ち状態で恐縮ですがどうぞ宜しくお願い致します。

2016年

12月

19日

2017年もNAと共に

全国のNAオーナーさんたちをトリコにしている「M2タイプ・ビンテージクラスター」ですが、おかげさまで予想を上回るオーダーを頂戴しております。三ヶ月以上の納期を頂く「完全受注生産」ゆえに、お待たせするのが心苦しいばかりです。引き続きお申し込みを受け付けておりますので予定数に達する前にぜひご用命下さい。

 

※ちなみに上の画像は「TYPE-B+ゲージTYPE-MG ver.II+ニードルキャップチタンアルマイト」となります。これが最近の私のNAの仕様でございます。

そして最近目立つのがこの「ステンレスビレッドA/Cリング」のご用命です。この製品の変態性に関してはこれまで何度も言及して参りましたので割愛致しますが、NAオーナーのみならずNBオーナーさんも共に楽しめる数少ないアイテムだけに、全国へかなりの数が旅立っていきました。アルミ製とは違い、輝きが永年変わらないところがウリです。ちなみに、この私の車体のこのリング、装着から数年経過していますがその間特に磨いたりしておらず、ほぼメンテナンスフリーでこのようなウットリする輝きを放ち続けてくれています(でもたまには磨いてあげよう)。

そしてNAオーナーの皆様の多くがお待ちかねの「NA用エアコンパネル透過光仕様」の再販版を間もなく発表致します。過去のモデルに加え、RSプロダクツの長い歴史の中で皆様の心を鷲掴みにしてきた「あの書体」をあしらった「ver.II」(写真上)も同時発売致します。正式発表時にも触れますが、今回のものはおそらく今後仕様変更する必要がないほどの「決定版」になりそうです。過酷な使用環境下での「傷問題」「変形問題」を厳しい基準でクリアする新素材を見つけ出し、今回のものより採用となりました。表面の半ツヤ質感も、これまでの「塗装」ではなく、この樹脂パネルそのものにこのような表面処理が施されております。私のNAへの装着を近日中に行い、撮影してからみなさまに発表致します。イルミネーションカラーはグリーン・ブルー・レッドより選択が可能で、別売りのホワイトバルブにてホワイト発光も可能です。皆様どうぞお楽しみに。

2016年

11月

14日

本日よりご予約受付を開始致します。

長らくお待たせ致しました。本日よりNA用M2タイプ・ビンテージクラスターの再販分のお申し込み受付を開始致します。「NA用メーターパネルの決定版」の自負のもと発表した前回と仕様の変更無く再生産致します。

 

ご予約専用フォームのページはこちら

 

また、前回の発表時のコラムのアーカイブを以下にご案内致しますのでぜひご一読下さい。

▲クリックで拡大可能です

発売時期や価格について多くのお問合せ、誠にありがとうございます。実物写真ではなくまだイメージ画像の段階ではありますが、皆様からの期待の大きさが垣間見えて身が引き締まります。「イメージ画像」と述べましたが、実はこれは最終寸法図面を元に制作したもので、質感を除いてはおおよそ本製品と同様とお考え頂いて問題ございません。本日は、旧製品からの変更点などについて解説させて頂こうと思います。

※M2-1001/1002メーターの参考画像は、ウェブ上にあるものを引用させて頂いております。画像所有者のみなさまにおかれましては、資料的意味合いを鑑みご理解頂ければ幸いです。

01:メインパネル部


旧仕様と同じくスチール製です。ただし、リングとガラス(後述の内部パネル)を固定する構造を設けるため、約3.0mmと1.0mmの二枚構造としています。計4.0mmとなるこのメインパネルは、この時点で既に重厚感溢れる仕様となります。リング部分やパイロットランプ部分などの抜き部分を高精度で加工し、さらに絞り塗装により表面の質感を出し、そしてシルク印刷によって「BRAKE」などのレタリングを行います。ちなみに、ウインカーの矢印の表記はM2-1001/1002用のメーターの意匠に準拠しており、クラシカルなムードを昇華させています。小さな拘りですが、個人的には効果絶大なアクセントと自負しております。

02:クロームリング部

この製品の最大の特徴といえるリングの形状には今回も大きく拘っております。各計器間のクリアランスを確保し「独立メーター」風の趣を実現すべく若干のパラメータ変更を行いました。正面から見たときに見える平面部分の面積や、角度をつけてみた時の立体感など、こちらもM2-1001/1002用のメーターリングを細かく検証・考察して形状を煮詰めました。

旧仕様変更版では真鍮にメッキ加工を施しておりましたが、今回はおそらくアルミ製に落ち着きそうです。美しいメッキ感を実現させるべく表面処理には細心の注意を払います。


03:内部パネル部


今回の製品はTYPE-AとTYPE-Bの2モデルをご用意しますが、このうちTYPE-Aの小メーター部分に往年のスミスメーターを彷彿とさせる「内部パネル」を組み込みます。指針の軸部分が隠れ、指針先端側のみが顔を覗かせるあの仕様は、まさに「計器の魅力と機能美」を増幅させる要素のひとつだと考えます。このプランはRSプロダクツが長年温めていた構想で、実に2001年頃からラフスケッチを何度も描いてきたものです。この度ようやくそれが実現できることとなり、製作者自身いまから既に興奮気味です。アルミパネルをレーザー切断した後に、エッジ部分にテーパーを追加工して形状を作り、さらにマットブラック塗装とシルク印刷によるレタリングを施します。リング同士の間隔を空けることに加え、小メーターをこの仕様にすることで「独立メーター」の色彩がさらに色濃いものとなります。このTYPE-A専用にデザインしたのが「クラシックゲージパネルTYPE-MG ver.II」なのでありますが、こちらに関しては別途解説の機会を設けようと思います。

04:パイロットランプ部


従来モデルから形状を一新した部分のひとつです。材質は従来通りSUS304の削り出しによりますが、発光レンズ部分の大きさを縮小することでバランスを整えました。ちなみに、この「ステンレス素地」のものとM2-1001/1002メーターを踏襲した「半ツヤ黒」の仕様に加え、レンズも「カラーレンズ版」と「スモークレンズ版」をご準備させて頂く予定です。受注生産の形を採らせて頂くことで、このような細かな仕様のカスタマイズが可能となります。

05:ガラス(レンズ)部

旧仕様

従来は古き良き時代のテイストをそのまま表現すべくフロートガラスを採用しておりましたが、万一の際の飛散を防ぐためにアクリルへと変更しました。ただ、流行りの「反射防止加工済」のものはややパープル系の色が着いてしまい興醒めで、ビンテージ感を全く失ってしまうことから採用しておりません(機能性や視認性よりも「映りこみも含めた風合いを優先する」といういわば“時代に逆行”とも表現できる考えはRSプロダクツのこれまでの信念のひとつであり、こうした部分をご理解くださる多くのNAオーナーさんたちにより支えられて参りました)。


06:固定ボルト部


こちらも細かい部分ではありますが、「固定用のボルト」ひとつにも拘ります。従来は六角の「キャップボルト」でしたが、新仕様では六角の「ボタンキャップボルト」を採用します。ステンレス素地色と黒染めの二種をご用意し、こちらもオーナー様のお好みでオンデマンド対応を致します。

このように、今回の製品は「NA用メーターの決定版」という位置づけで取り組んでおり、「これ以上のものはもう出来ない」という気概です。上記解説の通り仕様上の細かなバリエーションがございますゆえ、それらをひと目で検討・比較が可能となるようNC2/3用ゲージでご好評を頂いた「コンフィギュレーター」をこの製品でも準備させて頂きます。NA用インテリアを長年手掛けてきたRSプロダクツによる「決定版メーター」に、貴方だけの仕様・貴方だけの拘りを付け加えて頂くことで実現する逸品となります。ご期待下さい。

2016年

11月

09日

歓喜の声

昨日の再販告知に対してたくさんの方々からお便りを頂いております。気の早い方からは「予約の予約を」などの嬉しいお言葉もチラホラ。「発表・即完売」なんてことはまずあり得ませんのでどうか皆様ここは一つドッシリと構えていていて下さい。生産予定数量や価格など、今週土曜日には詳しい内容をご案内できることかと思います。

2016年

11月

09日

再生産の準備

完売から久しいM2タイプ・ビンテージクラスターのNA用モデルですが、リクエスト多数につき再販を決定致しました。現在「ご予約受付フォーム」の準備を行っております。11/12(土)からの受付開始を目標に諸々頑張っておりますのでどうぞいましばらくお待ち下さいませ。ご購入希望のみなさまにおかれましては、コチラのページで心の準備をどうぞ宜しくお願い致します。

2016年

10月

18日

NCオーナーさん

まもなくNC用の全ラインナップが完売となりますが、ここのところ「駆け込み」的にオーダーが目立っております。特に、ステンレスクラスターDIYキットステンレスクラスターベゼルなど「RSプロダクツでしか買えない」類いの製品を求めて、海外からのまとめ買いなども散見されます。

本日の画像は、そうした駆け込みとは関係ないのですが、あるショップさんにて施工したものの、何かと調子が悪いとのことでメーカー自らが各部を診断。不馴れなショップさんによる施工だったらしく、確かに色々と気になる部分がございました。予定よりも時間オーバーしてしまいましたが、最後にはほぼ完璧に仕上がりました。

ところで今回いらっしゃった三重のオーナー様、このオーディオを見た瞬間にピンときました。「なかなかお好きな方だな」と。松下から発売されたこの味わい深い意匠、MDが聴けるという点から年代はおおよそ想像がつくと思います。シャンパンゴールドでなく、シルバーなら私も手を出していたかもしれない変態デッキ。オーナー氏いわく「発売された当時はお金が無く指をくわえているだけでしたが、今こうして念願のコイツを装着するに至っております」旨のお言葉が。なんとも嬉しい気分になった秋晴れの昼下がりでありました。

2016年

9月

26日

情熱は必ずや伝わる

一部OEM供給の製品を除き、RSプロダクツサイト内の製品の全ては私自身がデザイン・設計しています。ですからどの製品にもかなりの思い入れがあって、特に情熱を込めてデザインした製品などが好評を頂くと天にも昇る気持ちなのです。

 

上記画像は最近ご用命が目立つ「NA用クラシックゲージパネルTYPE-RS 」で、私自身が特に気に入っている製品のひとつです。「M2タイプ・ビンテージクラスターの再販を信じて、まずはゲージだけを先行してオーダーします」といったコメントを頂戴すると、ジワジワと追い詰められているような気がして責任を感じてしまいますが、当然再販する際にはこのゲージとの組み合わせを念頭に置くつもりです。

2016年

9月

06日

NA用再販…さてどうするか。

5月に完売した「NA用M2タイプ・ビンテージクラスター」に対する購入希望メールが後を絶ちません。「なぜ在庫がある内にオーダーくれなかったんだよぉ」という心の叫びを抑えつつ、一方では完売後にこの存在をお知りになった方々も多数いらっしゃって、なかなか複雑な心境なのでございます。

とりわけ、業界初(?)のインナーパネル仕様のTYPE-Aに関して、「もっと早く知っていれば!」という悲痛なお便りを見るに付け、「またやりたいのはヤマヤマですが、コストと手間を考えると…」という感じで二の足を踏んでしまします。

僕のNA(NA6CE/1992年型)は現在、広島のニーレックスさんに入院させています。向こう20年間さらに元気に走ってくれるよう、全身リフレッシュの真っ最中(この写真は名古屋を旅立つ際のもの。このクルマに装着されているのももちろんM2タイプ・ビンテージクラスターのTYPE-Aでございます)。

 

僕のように「残りの生涯をNAとともに」と腹を括っている方はどのくらいいらっしゃるんだろうと考えたりします。

 

税金は高いし二人しか乗れないし、荷物もたいして積めない。

でも「唯一無二の相棒」であることに疑いはないんです。

 

 

こんなふうに考えている人がかなりの数に上るということはこんなニュースからも窺い知ることができます。

 

「M2タイプ・ビンテージクラスター」をまたやるか否か、しばらく悩んでみようと思います。

 

 

2016年

8月

15日

夏休みなしで通販業務行っております

最近NB用の製品へのオーダーが目立ちます。M2タイプ・ビンテージクラスターへ換装された皆様からは、追加でNB用ACダイヤルリングセットステンレスビレッドサイドウインカーリングなど、またステンレスビレットA/CリングへはNBオーナー様のみならずNAのオーナー様からもご用命頂いております。RSプロダクツ製品をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

 

なお、8月は20日と21日以外は毎日オフィスに出てきておりますので、どうぞご遠慮なくオーダー下さい。

2016年

7月

22日

返り咲く、という美学。

その女性オーナーのNBには仮ナンバーが装着されていました。なんでも「某ドイツの電動オープン2シーターに乗り換えたものの、やはりこれが恋しくなって出戻ることに決めました」とのこと。つまることろ、件のドイツ車を購入する際にこのNBは処分せずに寝かせていた、というわけですね。

再び乗ることになってまずは機関系の整備を、続けて内装リフレッシュの先駆けとして我がRSプロダクツの「NB用M2タイプ・ビンテージクラスター」への換装をご用命頂きました。

 

交換作業にも立ち会って頂きましたが、その最中にはいろんなお話をさせて頂きました。僕がそもそもRSプロダクツを立ち上げたきっかけやこれまでの苦労話、あるいは今回のNBのオーナーさんであるY女史の本業のブライダルフォトグラファー業にまつわるお話などなど、あっという間の90分でした(趣味趣向やライフスタイルのみならず、笑いのツボまでも僕と共通する部分が多くてシアワセなひと時でありました)。Yさん、またブライダルの現場での珍事件・爆笑エピソード聞かせてください。

 

ちなみにNB用M2タイプ・ビンテージクラスターはあと数セットで完売・絶版となります。NA用とは違い、今後の再販予定は一切ございませんのでどうかみなさま後悔の無きよう宜しくお願い致します(笑)。

2016年

7月

03日

文字通りのフラッグシップ

完売になった後に、告知なくヒッソリと再販しておりました「NA用クラシックゲージパネルTYPE-RS 」ですが、目ざとい(笑)方々から「待ってました!」とのお声とともにオーダーを頂いております。ブランド名を冠したこのTYPE-RSは、売れ行き度外視でただ単純に「私のNA専用に、私が最もカッコイイ(美しい)と思える意匠」をと制作したグラフィックで、まさかここまで皆様に支持頂けるとは思ってもみなかった製品です。

 

ついでなので、最近自らのデモカーに装着して悦に入っている組み合わせとしてこの「ニードルキャップ(クローム)」とのセットをご紹介しておきます。もしグッときたという方は、以下のリンクでヒッソリと特価にてご提供しておりますのでぜひご利用下さい。

NA用クラシックゲージパネルTYPE-RSの詳細ページへ 

ちなみにこちらはレッドバルブによるイルミネーション発光の様子です。普段はミドリばかりで光らせている私ですが、このレッドも捨てがたいのです。

よくレッドバルブをご用命いただきますが、妙に納得なのでございます(そりゃあ水温計も振り切りますw)。

2016年

6月

13日

新旧初顔合わせ

どっちがイイとかはもはや不毛な論議。どっちもイイんです。

いまやRSプロダクツの準スタッフのS君のソウルレッド号と私のNA6CEがついに競演となりました。雨上がりの曇天が、二台をこんなに美しく演出してくれるとは。

サイトでの正式発売に向け着々と準備を進めているND用メーター製品群ですが、本日はその装着&撮影を行いました。大急ぎで間に合わせた軽井沢での先行発売。付属品を入れ忘れたり仕上げ工程を一部省略してしまっていたりとドタバタでしたが、今はこうしてジックリと腰を据えて取り組んでおります。

帯状のイルミネーション発光が特徴的なmodel-102を装着し、その劇的な変貌ぶりに悦に入るS君。「カッコイイっス!カッコイイっス!昼間なのに…カッコイイっス!」と連呼してくれる彼の笑顔にすっかりこちらも癒やされます。

最後は「しばらくは好きなように組み合わせを楽しんで下さい」と取付説明書・カラードレイヤー二色(レッド&ブルー)と、もうひとつの意匠(model-101)を彼に手渡し、笑顔で別れたのでありました。

 

S君いつもありがとう!

2016年

6月

10日

もうしばしお待ちを!

NDロードスター用の照明変更キット「カラードレイヤー」への多くのお問い合わせありがとうございます。現在、車両装着状態の画像を多数準備していて、なるべく早めに発売すべく頑張っております。レッド・ブルーともに在庫を潤沢にご用意しておりますので、皆様ご心配なさらず発表をお待ち下さい(ご予約は受け付けておりません。申し訳ございません)。

2016年

6月

03日

ND用メーターの発売時期について

先日の軽井沢ミーティングにて先行発売となたND用メーター関連製品各種。「通販ではいつから買えるの?」というお声が多数につき、いくつかここでご案内申し上げます。

 

まず、ミーティング二日前に出来上がってきたゲージを当日の発表に間に合わせるべく急いでパッキングを行ったのですが、社内での仕上げ工程のひとつが抜けておりミーティング当日に販売させて頂いたロットの一部に照明漏れが起きるという事実が判明しました。

 

現在まずは当日お買い上げ頂いた方々への正規対策品対応を行っており、それらが済んだ後に生産した全点に仕上げ工程を施して正式発売とさせて頂こう思います(当日お買い上げ頂いた方はRSプロダクツまでご連絡下さい)。

 

多くのお問い合わせを頂きNDオーナーさん達のカスタム欲の大きさを実感しつつも、これまでのNA〜NCまでで培ってきた実績とノウハウを結集させた最高のモノをお届けせねばという責務を強く感じております。

 

どうかみなさまいましばらくお待ち下さいませ。

2016年

6月

02日

軽井沢2016より帰還

累計100万台記念車両への署名を済ませた後の一枚。なんと、帰還後に気付いたことですが私が今回の軽井沢で撮影した写真はこの一枚だけ。というのも、今回はND用の新製品の発表や、これまでとは違ったブース形態だったことなどがあったりで全く「心の余裕」がなかったのであります。ああ情けなや…。

 

とはいえ、当日は天候にも恵まれ多くのオーナーさん達との交流を楽しみました。古くからの顔なじみのNAオーナーさんから「初めまして」のNDオーナーさんまで、“ うん、やっぱロードスターって素晴らしい ” と再認識した一日なのでございました。

 

当日ブースへお立ち寄り下さった全ての皆様、ありがとうございました。そしてまた来年…。

2016年

5月

27日

ND用パーツ滑り込みセーフ

明日の朝には軽井沢へ向かう我々RSプロダクツでございますが、出発前日(本日は5月27日)にND用ゲージ二種が仕上がってきました。早速実車装着テストといきたかったのですが、本日は車両の都合が付かず車内の設備にて細部の検証を行いました。

警告灯類の点灯状態や光漏れなどチェックポイントは多岐に渡りますが、全て「問題なし」の判定でいよいよあさっての軽井沢にてお披露目&先行発売となります。


既に発表済みの照明変更キット「カラードレイヤー」との組み合わせもバッチリでひと安心です。これから説明書の準備の準備作業があり、果たして床に着くのは何時になることやら…。

 

パッキングも何セットできるか全く分からず、当日は数セットしか持参できないかもしれません。当日軽井沢へご参加のNDオーナーさんで、これら画像から「これは!」と感じて頂けた方はぜひ早い時間にブースへお越し下さい。完売の際はどうかご勘弁を…。

2016年

5月

17日

NDロードスター メーター

ここのところNDオーナーさん達からのお便りが目立ちます。

 

「イルミネーション変更キットはいつ発売?」

 

「NCまでのようなデザインやカラーを変更したゲージパネルは出すのですか?」

 

「メーターリングをソウルレッドにしたい」

 

等々、みなさま個々にカスタマイズのイメージがおありのようです。車体の発売からしばらく時間が経過し「そろそろ内装にもなにか変化を」という感じなのかなと思います。

 

RSプロダクツの基本姿勢として「売れそうだから出す」という考えは皆無で、「変えて意味があるモノ」「変えて楽しくなるモノ」「変えて格好良くなるパーツ」でないと作りませんし売りません。“ 純正にはない質感や意匠 ”を求めて日々知恵を絞ってきましたが、「発売してもいいモノ」が間もなく出来上がります。

この二枚の画像は以前からご案内しているカラードレイヤー(Colored layer)ことイルミネーションカラー変更キットのイメージです。耐熱・発色・薄さの全てにおいて条件を満たす特殊素材があり、先日そのカラー選定を終えて量産を開始しました。モノが届き次第装着して撮影をしますが、上記の色味とはやや風合いが変わる予定です。

 

私の悪い癖でもありますが、「微妙な色味の差異」のチョイスにかなりの時間を費やしてしまいました。パッと見ではわからないような色味の違いではありますが、長年に渡って培った照明色に対する私自身の「勘」を頼りに最高の色味を選定したつもりです。

 

また、単純にイルミネーションを変更するだけでは面白くないということで、この照明変更にマッチするゲージパネル二種も同時に準備中です。軽井沢での発売を目標に、あと2週間弱、諸々頑張ります。

2016年

5月

07日

17年経っても変わらない

1999年の初秋、私は自分のNAをカスタマイズするべく“ 自分専用 ”のエアコンパネルのデザイン・設計を始めました。当時京都の大学に在学中だった私は、府内でレーザー加工機を所有する業者をあちこち当たり「完全ワンオフ」での製作に取り組もうとしていたのです。

 

純正のエアコンパネルを分解し、光源の位置や発光範囲を調査しては図面に落とし込み、それを持参して業者さんへ。そこのオペーレーターさんが操るPCの画面(当時のソフトは確かaiではなくCorelDRAW)と睨めっこしながら書体がどうだ大きさがどうだと事細かに指示をしていた記憶があります。「ああ、自分で操作できたらどれだけ効率的か…。でもソフトやワークステーションを揃えるお金もないし…」などと歯がゆい想いをしていたっけ。

 

時は流れ、aiやMacどころか3D出力機をも揃えるまでになった今の私のオフィスですが、結局こうした純正部品への現物合わせの作業は当時と何ら変わらず、作業中にふと学生時代のあの頃のことを思い出して苦笑いしてしまった次第です。「あれから17年も経って、やってることはあの頃と一緒やな」と。

 

軽井沢に持参することを目標に、NA用エアコンパネル透過光仕様の新バージョン2種を開発中です。

 

※5月17日追記:諸事情により残念ながら軽井沢には間に合わなくなりました。発売日は未定です。

2016年

5月

03日

超美しいNB1が名古屋に見参

カラーバルブの色を間違えて出荷してしまうという失態。「赤と緑の組み合わせで入っていました」と、本来ならばムッとした口調であってもおかしくない状況にも、お電話口でとても紳士的なFさん。「連休中にそちら方面に出掛けるので交換しに行ってもいいですか?」とのご提案に恐縮しつつも、NBのオーナーさんの来訪は珍しい(殆どが言わずもがなNAのお客様ばかり)ためぜひぜひとお言葉に甘えることに。

前オーナーさんが屋内保管だったためにとても美しい状態。こんなNB1を見るのは久しぶりとばかりに、写真を何枚か撮らせて頂きました。内外装ともにほぼノーマルというこれまた貴重な姿に感激していると、目に飛び込んできたのがメーター。私がデザインし、私が組み立て、私が送り出した「我が子」とこういう形で再会するのも感慨深いものがございます。カッコイイ!

私の失態によりバルブは「純正」のまま。ところが、これがなかなかどうしてサマになっているではありませんか。黄色といえば黄色。でも、見方によれば旧スミスメーターの間接照明(一応緑のつもりのあの色)然としていて、これは新たな発見でありました。

 

話は前後しますが、私はたまにみんカラで「RSプロダクツ」と検索してみなさまの記事を読んでいます。気に入ってもらえてるかな、何か不備はなかったな、ご不満は無いかな…等々、やはり作り手としてはその辺が気になって仕方ありません。賞賛のお言葉からは勇気と自信を、お叱りの言葉からは明日への教訓を、それぞれ有り難く戴いております。そんな中、これまでで一番「感激」してしまったこの記事。特に記事中の「モノを介して気持ちが伝わる感じ」というくだりに感激しました。そう、私がこれまで長年手掛けてきたのは単なるパーツではなく「魂を込めた作品群」であり、ラインナップしている全てのパーツにそれぞれ強い思い入れがあります(とりわけ、NA用・NB用でご案内したこのM2タイプ・ビンテージクラスターはその極みと言えます)。そのあたりが自然に伝わって、そしてそれを言葉で表現して下さった投稿主の「まじんぶぅ」さん。そう、このまじんぶぅさんこそが今回名古屋までご足労下さったFさんその人だったのです。

みんカラで感激したことと、それに対する感謝の気持ちを直接お伝えできてよかった。そして「カラーバルブ間違えて送ってしまってゴメンナサイ」でも「間違えて送ってなかったらこの神々しき『広島ナンバーのNB1』にもFさんにも会えなかったかも」と、なんとも複雑な心境だったりなんかして。

 

Fさん、この度はありがとうございました。

軽井沢にもいらっしゃる(かも)とのことで、是非その際にはまたお話しましよう^ ^

 

ロードスター、乗っててヨカッタ!

2016年

4月

27日

NA用ビンテージクラスター終了となります

ここのところNB用の製作作業ばかりをお伝えしていましたが、併行してNA用の受注分の製作も行っております。この画像の4セットはお客様向け。軽井沢でも展示したいところですが、残りの部材はあと3セット分のみ。あとひと月の間にオーダーが来たら組み立てて出荷せねばならないのが心苦しいです。

 

来月の軽井沢で「デモカーに付いているあのメーター、今日は無いのですか?」と聞かれた際に首を横に振るのはとても歯がゆいな…。

 

というわけで、NA用M2タイプ・ビンテージクラスターTYPE-Bは残り3セットとなります(TYPE-Aは既に完売)。ご検討中の方、最後のチャンスですよ^ ^

2016年

4月

26日

ND用メーター照明変更キット

ある日の電話。

雑誌でみかけたのですが、ND用のメーター照明変更キットはいつ頃の発売ですか?

 

ちょうどNDメーターユニットを分解して採寸したり検証したりが済んで、試作がいくつか出来上がっていた頃でした。私は「軽井沢までにはなんとかしようと思っています」と返答し、そして電話の主が名古屋在住だと知ると「無償モニターでご協力頂けませんか」と続けたのです。

あいにくの天気の中現れたソウルレッドプレミアムメタリックに乗っていたのはかなりのナイスガイ。当初CX-3を求めて訪れたはずのディーラーで、気がつけばNDの契約書に判をついていたというエピソードを聞きさらに好感度アップ(笑)。

 

このボディカラーに惚れ込んだ彼は内装のいくつかのパーツを自ら赤くペイントしたりしていて、カスタマイズ精神も旺盛なのが随所に見受けられました。レッドとブルーを用意していた照明変更キットのうち、彼がチョイスしたのは勿論レッド。速度計・回転計のみならず、左端の液晶までもが赤くなったことにニンマリの彼でした。

精悍な表情に変貌したメーターの様子を嬉しそうに眺める彼に「これはあくまで試作で、実際の製品はさらに深みのある赤で、なおかつ輝度も維持したモノになりますよ。出来上がったらまた交換させて頂きます」と伝えると、さらに頬が緩んだ彼なのでありました。

 

Sさん、当日は雨の中ありがとうございました!今後ともヨロシクです!

2016年

4月

25日

NC1オーナーのみなさま(コラム閲覧特典有り)

現在欠品中のゲージ各種のうち、最も再販リクエストを頂戴しておりましたブラックタイプの200km/hゲージと180km/hゲージのMT仕様の再製作を決定致しました。

 

先般お伝え致しました通り、基本的にNC用製品は今後増産・再販をしない方針ではございましたが、「結局RSプロダクツはNA用にしか力を入れない」というご批判の声や「どうせNC用なんて…」というご悲痛なお言葉を耳にし、この度決断した次第でございます。


イルミネーションカラーをブルーに変更可能なELキット付きとELキット無しの両者を若干数ずつではございますがご用意させて頂きます。

 

軽井沢ミーティングに持参できるよう急ピッチで進めておりますが、軽井沢にお越しになれない方々へは本日より受注を開始致しますのでどうぞお早めにご用命下さい。

 

200km/h仕様はこちらから

180km/h仕様はこちらから

なお、各製品とも「銀行振り込み」をご選択頂き事前振り込みをいた方全てに「ステンレスビレットリセットノブカバー」をサービスで進呈させて頂きます。オーダーの際の備考欄に「コラム特典・リセットノブカバー希望とひとこと明記下さいますよう宜しくお願い致します。


2016年

4月

21日

東海地方のみなさま限定緊急告知

東海地区にお住いの全ロードスターオーナーの皆様に緊急のお知らせです。来たる424()、名古屋市中川区の「アップガレージ名古屋中川店」さんにて即売イベントを開催致します。RSプロダクツ製品群の現物を直接手に取ってご覧頂き、ご納得の上でご用命頂きたいと思います。一部イベント特価にてご提供させて頂きます。

 

また来場下さいました全ての方に、ささやかながらプレゼントをご用意しておりますのでぜひお立ち寄り下さいませ(画像は2015年の軽井沢ミーティング)。

 

アップガレージさんのFacebookページ

アップガレージ名古屋中川店の情報

 

 

 

2016年

4月

20日

信念に基づくラインナップ

RSプロダクツはロードスター用インテリアパーツメーカーとして1999年からその活動を続けております。黎明期のラインナップはNA用エアコンパネルだけで、当時を知るオーナーさんがどれほどいらっしゃるかはわかりません。ただ、全国各地のミーティングなどで当時の製品を見かけたり、「あの頃からのファンですよ」と声を掛けて頂くと感謝・感激で涙腺が緩むことがございます(大袈裟ではなく)。

今ではNA~NCのパーツが各種揃っていて(どうしてもNA中心ではありますが)、そして現在はND用製品の開発も行っております。昨年の軽井沢で幾人かのNDオーナーさんから「ぜひND用のメーターを」とのリクエストがあり、まずは手始めにこの「照明色変更キット」をなんとか今年の軽井沢に間に合わせようと考えております。

「NA用ばかり作って、NB以降は??」とお叱りを受ける場面もありますが、これには確固たる信念があります。「作れば売れそうだから」というアイディアは正直なところいくらでもあります。ただ、「売れそうだから作った製品」に果たして魅力があるのか?RSプロダクツのラインナップの大半がNA用で占めているのは、この私が紛れもないNA好きで、1995年に購入したNA6CEを今でも大切に乗っていて、その愛車を飾る自分好みの変態部品を日々運転しながらあれこれ考えているからに他なりません。間もなく予定数量に達するNB用M2タイプ・ビンテージクラスターは、あくまでNA用にと私が全身全霊を懸けて取り組んだものをNB用に最適化し、「NBでもクラシック路線!ビンテージ路線!」というオーナー様たちに受け入れて頂けた形です。

決して「NA至上主義」なのではありません。ロードスターはロードスター、NAだろうがNBだろうがNCだろうが、街で見かけるとつい頬が緩んでしまう、つい目で追ってしまう、それほどにロードスターは私の人生・生活に染み込んだ存在。NDの電動ルーフ仕様が発売されたら欲しくて欲しくて仕方なくなるでしょう。ある方のブログで「NC用をおろそかにし過ぎ」とか「NC用は売れそうに無いからラインナップから外すような企業信念」などと揶揄されているのを見るに付け、私は悲しい想いをしています。NC、とりわけNC1には特別な思い入れがあります。NC発表当時、誰よりも早く試乗に出掛けたし、どこよりも早く専用パーツを開発・発売した自負があります。また、私の大切なビジネスパートナーの愛車でもあって、NA/NBとは違った「異色のロードスター」への想いはとても強いのです。

大企業ではない我がRSプロダクツは、あたり構わず製品を出しまくることができません。どうしても小ロット生産となりますし、それ故に販売価格は割高になります。「少しばかりお金が掛かっても、より良い製品、よい良い意匠を」という熱心なロードスターオーナー様たちに支えられていることを肌で感じている私としては、決してクオリティ面で皆様を裏切れないという重圧があります。ちょっとした製品ひとつに異常なまでの開発期間を設けるのはそのためです。パッと作ってパッと売る、それができずに長年やっております。私が手掛けた製品を「作品」と表現して下さる方がいてたまに気恥ずかしくなったりもしますが、かけた時間や投じたコダワリからすると、そんな風に表現して頂くと報われた気持ちになります。

「いま、もっとも求められているモノ」それを常々考えて生きています。そしてその答えとして現在、NA用の透過光仕様のACパネルと、NC1用のゲージパネルの再販のため準備しています。来月の軽井沢では、全てのロードスターオーナーさんに喜んで頂けるラインナップを揃えて臨むつもりでございます。

2016年

4月

17日

NB用 一挙出荷予定

長らくお待ちいただいている方が未だ多数のNB用M2タイプ・ビンテージクラスターですが、4月16日から22日にかけて第三陣を発送致します。

2015年11月中旬〜2016年1月にオーダー頂いた方々へは全て発送完了となる見込みです

 

今週中にゲージパネルやニードルキャップ、カラーバルブなどをそれぞれの方のチョイスに合わせてのパッキング作業を行う予定で、同梱漏れや誤発送のなきよう細心の注意を払います。

 

いましばらくお待ち下さいませ。

2016年

4月

10日

NB用メーター製作状況

多くの皆様をお待たせしておりますNB用M2タイプ・ビンテージクラスターですが、最初期にオーダー頂いた皆様への出荷が終わり、現在さらに製作作業を進めております。ご注文番号下三桁「031」以降の皆様へはお約束通り4月中旬(15日〜20日頃)の発送を目標に頑張っております。

 

お待ち頂いている皆様、どうかいましばらくお待ち下さいませ。

2016年

3月

31日

NB用メーター発送状況・続報

多くの皆様をお待たせしております「NB用M2タイプ・ビンテージクラスター」の発送状況です。4月第一週にご注文番号下3桁「021-030」の皆様へお届けし、031以降のお客様へは4月第二週から順次発送する予定となっております。

 

加えて、こちらも受注生産品「NA用M2タイプ・ビンテージクラスター」をご用命頂いている方々へも4月第一週から中旬にかけて一挙発送予定です。

 

パイロットランプ貼り付け作業に多くの時間を割いている今日この頃。でもウンザリするどころか日々この輝きにウットリしている自分がいます。こんな変態なRSプロダクツ代表を、みなさま今後ともどうぞ宜しくお願い致します。頑張ります。

2016年

2月

28日

NB用メーター出荷について

長らくお待たせしております「NB用M2タイプ・ビンテージクラスター」ですが、予定よりやや遅れましたがまずは明日2/28より第1陣を発送致します。

ご注文番号下3桁が001から020までの皆様が該当分となります。021以降の皆様への出荷は、追ってこのページでご案内差し上げますのでどうぞいましばらくお待ち下さいませ。

2016年

2月

10日

NA用ビンテージクラスター間もなく受付終了

多くのご用命を頂きました「NA用M2タイプ・ビンテージクラスター」のうち、インナーパネル仕様のTYPE-Aがあと1セットで終了します(201602/10 AM09;00現在)。TYPE-Bも残り数セットの状況ですので、ご検討中のみなさまはこの機会をどうぞお見逃しなく。

2016年

1月

19日

NC製品各種「完売即廃盤」となります。

NC用メーター周辺製品各種、特にMT車用のものが在庫僅少となっております。また、全車対応のNC用ステンレスクラスターベゼルDIYキット等もまもなく完売となります。

今後の増産予定はなく、完売即廃盤となりますので予めご了承下さい。

2016年

1月

16日

自信は確信へ。

東京オートサロン2016。初日前半は関係者・メディア向けとあって会場は終始スローな雰囲気。我らがマツダブースでひときわ輝いていたこの新世代ロータリーも、一般来場日には多くの熱い視線を浴びたことでしょう。

現在RSプロダクツが製品開発中のNDロードスターですが、きらびやかなライティングの中で改めて実車をみると色々と気付かなかった部分に目がいったりして不思議な感覚がございました。

現場で撮影したデータを見直すと、不覚にも最も撮影枚数が多かったのがこの車両。私が永年叫び続けているコンセプトを見事なまでに具現化していたのがコレでした。原点回帰を教えてくれたこの一台に触れられただけでも、遠路出向いた価値があったというものです。

2016年

1月

14日

初体験前夜

とある案件で[関係者枠]での参加となる15日のオートサロン。出撃準備は整いました。もしご参加予定の方はこのジュラルミンケース風アルミケース(笑)を片手にうろついている坊主頭にお声かけ頂けると嬉しいです(中身はヒミツ)。アーノルド・シュワルツェネッガー氏と私の対談に関する件は今回は直接関係ありませんが、これはサロン見学後の打ち合わせ(@新横浜)のために持参するアイテムでございます。どうかお気になさらず・・・。

2016年

1月

12日

長いお付き合い

私の愛車・1992年式NA6CEスペシャルパッケージ(シルバーストーンメタリック)との付き合いは今年の春で22年目に突入します。いまでもコイツのことが好きで好きでしょうがないです。古い友人と何年ぶりかに再会すると「コレまだ乗ってんの!?」というリアクションがありますが、いまではもう慣れっこです(笑)。エヘン、人生の半分以上をコイツと過ごして来たんだぜ、と鼻高々な自分がいたりします。

 

先日、愛知県内でも有数の老舗ロードスターチューナー「アリーナ」さんにてフルブッシュ交換+αを敢行しました。法規上の最低地上高ギリギリだった車高も、これを機に15ミリほど上げました。車体を購入した頃10代でしたが、気づけば私も今年で40歳。そろそろ「オトナ」のスタイリングとドライビングを心掛けなければ、という発想です。

2016年

1月

07日

NB用ビンテージクラスター

昨年末までに多くのお申し込みを頂きました受注生産品「NB用M2タイプ・ビンテージクラスター」ですが、おかげさまで間もなく生産予定数量に達します。専用ゲージパネルの「TYPE-MG(ver.II)」との組み合わせにより、NBのコクピットを劇的に変身させる今回の製品は、これまでNA用にと培ったRSプロダクツのコダワリと技術と英知が凝縮されています。目下受注分の生産に入っており、お届けは予定通り2月後半頃から順次出荷となります。

 

お申し込みご検討中のNBオーナー様は、どうぞこの機会をお見逃しなきよう宜しくお願い致します。

2016年

1月

06日

今年も宜しくお願い致します

NA用とNB用ビンテージクラスターの開発と製作実作業に追われた2015年は終わり、新年が幕を開けました。今年の目標はズバリ「いつも通りのRSプロダクツ」です。

 

NA用の開発や増産を中心に行いますが、現在ご予約を受け付けておりますNB用クラスターの製作作業と画像のND用メーター関連製品も随時進めていくつもりでございます。

 

最新情報は例によってこのコラムページでのご案内になります故、ロードスターオーナーの皆様はぜひチェックを宜しくお願い致します。

2015年

12月

29日

発送業務は31日まで可能です

今年も残すところあと数日。多くの方々が仕事納めをされたことと思います。

「お休みはいつからですか?」という質問を頂きますが、例年通り大晦日までは出荷業務を行います

 

お正月休み期間中に愛車の手入れとプチカスタムをされる方は多いと思いますが、取付に関するサポートは休まず対応させて頂きます(担当者携帯電話へ繋がります。話し中の場合は留守電を残して頂くか、少し間を置いてからお掛け直し下さい)。

2015年

12月

17日

受付を開始しました

予定よりやや遅れてしまいましたが「NB用クラシックゲージパネルTYPE-MG(ver.II)」の単体販売の受付を開始致しました。発送は12/28頃より順次行います。なお、数量に限りがございますので予めご了承下さいませ。

製品説明欄にもございます通り、M2タイプ・ビンテージクラスター用に制作した意匠ではございますが、純正メーターカバーもしくはKGW製クラシックメーターパネルとの組み合わせでもご使用頂けます。ご不明な点などございましたらどうぞご遠慮なくお問い合わせ下さい。

2015年

12月

16日

たかがノブ、されどノブ。

気がつけばなかなかのロングセラーとなっているこの「アルミビレットA/Cノブ&ダイヤルセット」ですが、これまで幾度となく仕様変更を経ていて、現在のカタチが一応の[最終形]と位置づけています。RSプロダクツ発足の契機となったアイテムとして「エアコンパネル」がございますが、これらノブ・ダイヤルはそれとの親和性を最優先にしつつも、純正とは明らかに違う質感と、操作したときの「気持ちよさ」をも念頭に設計しました。

評価を頂いているのが意外にもその「操作感」です。純正のプラスチッキーな手触りとはひと味違うグリップ感は、丁寧に施された溝が醸し出す効果で、左右にスライドさせる際の「しっかりさ」はイモネジで上下からしっかり挟み込むその固定方法による恩恵です(専用のレンチが付属しますので、工具を探しにホームセンターへ走る必要はございません)。

 

外気・内気切り替えやウインドデフロスターの使用など、冬場は何かとエアコンのオペレーションが多くなります。年末年始のお休みを利用して、エアコン周辺の小変更はいかがでしょうか。その際には是非とも親和性抜群のACパネルもご一緒に。

 

 

2015年

12月

10日

NB用クラシックゲージパネル単体でのご購入

多くのお問い合わせを頂戴しております「NB用クラシックゲージパネルTYPE-MG(ver.II)」の単体販売について、間もなくご案内させて頂きます。M2タイプ・ビンテージクラスターとの同時購入の場合とは違い、価格が若干異なります点につきどうぞご了承下さい(ご購入の際にはカラーバルブもご一緒に)。


フォント・スケール・配色など細部にまでこだわった意匠を、ぜひ貴方のNBに。

2015年

12月

04日

師走なのです

12月に入った途端にいつもより増え始めた出荷件数。NA・NB・NCのオーナーさんそれぞれが思い思いにRSプロダクツ製品をチョイスして下さっております。ありがとうございます。

特に、アウトレットページでご紹介しておりますNC製品群へのご用命が目立ちますが、思えば昨年の今頃はこの製品のために昼夜を問わず開発・フィッティング・撮影などを行っていました。一年が本当に早く感じます。

2015年

12月

01日

NDロードスター用パーツ

9月に参加した軽井沢ミーティング。NDの純正メーターを持参し、NDオーナーさんたちとあれこれ意見交換をさせて頂きましたが、みなさま口を揃えて「メーターやらないんですか」と仰っていました。「うーん、今回のND純正メーター、グラフィックは相変わらず味気ないけれど、質感はなかなかなので無理にイジることはないのでは」とやや消極的な私の見解に、「そこをウマく料理するのがRSさんじゃないですか!」的なお言葉が。


デミオ・アクセラ・CX-3/5・アテンザのメーターと、すべて見事なまでの同質感・同意匠で確かにロードスターならではの個性が感じられません。各計器の配置や大きさは違えど、遠目には「今のマツダ車のメーター」とひと括りにしてしまえる面白みのなさ。


中部ミーティング以降、何気なく毎日真剣に悩んでいますが、最近少し「答え」のようなものが見えてきた気がします。上の画像は、多くを語る必要の無いわかりやすいご提案。あくまでプランの一つですが、2016年の軽井沢に照準を絞り、「さすがRSプロダクツ」と言わしめるご提案をいくつか用意しようと思っております。

2015年

11月

25日

NC2/3用ゲージのご用命

ここのところ発送件数が多いのがNC用製品群です。ND発表後「乗り換えか否か」で悩んでおられたオーナーさんたちが「今後もNCで」と決意を固められた様子がメールやお電話などから見て取れます。


この画像はNC2/3用で一番人気のTYPE-102+MUCの組み合わせ。NC用ステンレスクラスターベゼル(ヘアライン)リセットノブカバーも同時にご用命頂くことが多いのはこの画像を見れば頷けます。


AT用が若干在庫が危うい状況ですが、なんとか12月戦線を持ちこたえてくれたらなあというのが本音です。

2015年

11月

16日

オーダー頂いたみなさま

NB用M2タイプ・ビンテージクラスターへの多くのご用命誠にありがとうございます。

「フォームを送りましたが返信がありません」とのメールを複数頂戴しておりますが、本日これから1件ずつ返信を差し上げますのでどうかいましばらくお待ち下さいませ。


本日中に返信が無いような場合は「メールアドレス誤記入」もしくは「送信不備」が考えられますので下記までご一報下さい。

052-269-9071(AM10:00〜PM8:00)

2015年

11月

13日

お申し込み受付を開始致します。

全国のNBオーナーの皆様、大変お待たせ致しました。ただ今よりお申し込みの受け付けを開始させて頂きます。パイロットランプの仕様や、同時装着を推奨するニードルキャップの仕様など、しっかりとお悩み頂いた上でご用命下さい。

 

皆様からのオーダー、お待ちしております。

(イベントにて先行お申し込み頂いた方々へは在庫確保の上で順次ご案内させて頂きます)

 

お申し込みはこちらから

2015年

11月

12日

NB用メーター関連・明日より受注開始予定

懸案だったリングの仕様についての問題が決着し、いよいよ明日11月13日より受注を開始致します。限定45基の生産となりますので「どうしても」というNBオーナーさんはどうぞお見逃しなく。軽井沢にて先行予約頂いた方数名の方には、サイトの更新前に一報差し上げますのでどうぞ宜しくお願い致します。

2015年

11月

06日

NDロードスター用メーター

質感は高いのだけれども、どうにも意匠面で面白みに欠けるND用メーター。RSプロダクツでは、ミーティングなどで得たNDオーナーさんたちのご要望を基に日々あれこれ考えています。本日、オートランドアリーナさんのご協力のもと、ちょっとした試験を行いました。続報に関しては特設ページにてご案内していこうと思います。

2015年

11月

04日

NAのあと、いざNB。

ご好評のうちに間もなく完売となる「NA用M2タイプ・ビンテージクラスター」ですが、最終受注分プラス見込み製作分のアッセンブリー作業を行っております。一基ずつ仕上げるため、とても骨が折れるこれら作業もあとわずか。ただしかし、次にやってくる「NB用45基製作」を思い出し、ややため息をつくのであります。


頑張りますよ〜、みなさまのために^ ^

2015年

10月

29日

「末永く乗る」方たち向け限定

RSプロダクツが誇る「変態製品群」の中でひと際[威光]を放ってやまないこの「ステンレスビレッドA/Cリング」。完売しては再販、そしてまた完売・再販を繰り返してきましたがこの度またまた増産を決定しました。

4枚セット数千円で買えるアルミプレス品は「お手軽に・安価でドレスアップ」を叶えるには最適で、かくいう私自身も20年前のNA納車まもなくデイトナ製リングを買い求めたものです。「安かろう○○かろう」ではないですが、残念ながら「ひと夏」もしくは「ひと冬」超えたら表面が白化してきてしまいます。ピカールなどの研磨剤を用いてその輝きを一旦は復活させても、やはり時の経過とともに曇ってきてしまうのです。そのような「イタチごっこ」から自らを解放すべく(笑)、ほとんど自分だけのためだけに製作したのが本製品。

問答無用のSUS304塊からの贅沢な削り出しのソレは、梅雨時の湿気・真夏のエアコン冷風による結露禍にも負けず、何年経過してもその輝きを保持し続けます。もちろん、めがね拭きやセームを車内に常備して頂いて時折フキフキしてあげて頂くことをオススメしますが、ぶっちゃけ「放置」であっても頑なに輝き続けてくれるのです。加えて、プレスによるペラものとは違うこの圧倒的重厚感は、[貼り付け方式]ではない[交換方式]ゆえの恩恵以外の何物でもありません。また[後付け感が皆無]である部分も人気の秘密。貼り付けタイプに比べて手間もかかりますし価格も張りますが、費用対効果の観点でみたら比較にならないのがおわかりだと思います。


NANB共用のこの製品、2015年末から2016年1月のデリバリーを目指して目下生産中となります。現在ご予約受付中ですので是非皆様この機会に。

2015年

10月

23日

NB用メーターに、これがイチオシ

NAの際と同様、受注時に同時購入をお薦めするアイテムとして専用ゲージパネル(TYPE-MG ver.II)・ニードルキャップがございます。これらを全て組み合わせて初めて完成する「確固たる世界観」があって、もしもご予算が許すのであればすべてコンプリートして頂きたいところです。

 

特にイチオシなのが画像の「ニードルキャップ(クローム)」です。NA用と同様に、ブラックアルマイトとチタンアルマイトの二種もご用意致しますが、NB用に関してはこのクロームがオススメです。リング部分のアルミ・パイロットランプのステンレス・ベース部分のスチールと、各種金属を複合的に用いる今回のM2タイプ・ビンテージクラスターですが、このクロームの輝きを各計器の中央に奢ることによりさらなるビンテージ感を追求することができます。 C面の柔らかなエッジが、どことなくNBのあの流麗なボディラインを彷彿とさせるからなのかもしれません。

2015年

10月

21日

旧仕様を復刻します

RSプロダクツ発足時からのロングセラーアイテムである「クラシックA/Cパネル(ブラックアルマイト)」の意匠変更を行ったのが昨年の今頃。それに合わせて意匠を変えたクラシックスイッチですが、ホワイトレタリングのみの旧仕様の復刻をお望みの声が多く、この度少量ではございますが復刻致しました。旧仕様のクラシックA/Cパネルをご使用中の方々など、この機会に是非ご用命下さい。なお、スイッチが欠品中のためご注文後はしばらくお時間を頂戴致しますので予めご了承下さい(パネル単体に関しては即納可能です)。

2015年

10月

20日

カウントダウン

「オレオレ詐欺」ならぬ「出す出す詐欺」などと揶揄されても文句が言えない「NB用M2タイプ・ビンテージクラスター」の続報です。ようやくというか、やっとというか、難航していたリングの仕様が固まりました。あとは表面の保護に関する部分をクリアすればいよいよ受注を開始できます。


この画像は本日撮れたてホヤホヤの一枚ですが、思わずニヤリとしてしまうカッコよさ。自画自賛してしまうほどの美しさに、自然と「これはイイ!」と叫んだ私なのであります。

2015年

10月

19日

NB用ゲージ/TYPE-MG ver.II

メーターリングの最終仕様が固まらず、開発が難航している「NB用M2タイプ・ビンテージクラスター」ですが、それに先立ってまずは「NB用クラシックゲージパネルTYPE-MG(ver.II)」が仕上がって参りました。既に完売の旧モデルに比べてさらなるビンテージ感をアップさせるべく意匠を練り上げました。

特にコダワリをもって採用したのがこのマイル部分の色です。NA用ではホワイトとしましたが、NB用においてはこの趣深いイエローを採用。熱心なNB愛好家の皆さんは、ぜひ今から愛車に装着された姿をイメージしておいて下さい。

2015年

10月

18日

NA用の受付を終了致します。

現在NB用の開発を行っております「M2タイプ・ビンテージクラスター」ですが、今月いっぱいを持ってNA用の受注受付を一旦終了致します。11月からは、余剰生産分の一部をカートよりご購入頂けるように致しますが、仕様が限られてしまうことと若干の価格アップがございます点につきどうぞ予めご了承頂きますよう宜しくお願い致します。

2015年

9月

28日

細かなコダワリ

リングの最終仕様に悩み中の「NB用M2タイプ・ビンテージクラスター」ですが、確定している部分に関して詳細をご案内します。NA用で新規に作り起こしたパイロットランプ部分のブラケットとレンズですが、もちろんNB用でもこの謹製パーツ群を採用します。一枚目の画像は「ブラケット部:ステンレス素地/レンズ部:スモーク」の仕様です。「発光したときだけ色が浮かぶ」のがこのスモークレンズの特徴で、メーター周りから極力カラーを排除してモノトーンの風合いをお楽しみ頂くための仕様です。

そしてこちらが「ブラケット部:ステンレス素地/レンズ部:カラー」の仕様の様子です。やっぱパイロットランプといえばこうでなくちゃ、という声が聞こえてきそうですが確かにその通り。NA用の際も全受注の中で実に7割以上がこのカラーレンズ仕様をご選択頂いておりました。


上記いずれの仕様もRSプロダクツが自信をもってお送りするものです。お申し込みをご検討中のNBオーナーの皆様は、どうか今のうちにお好みの仕様をイメージしておいて頂ければと思います。

2015年

9月

25日

石橋を叩いている最中

痺れを切らしたNBオーナーさんたちからの悲痛な叫びにも似たお便りを連日頂戴しています。


「いつになったら予約開始?」

「ウェブでの予約開始前にメールで先行予約を!」

「完売になるのが怖くて1時間ごとにサイトを更新しています(泣)」


等々。。。

この画像は本日仕上がってきた塗装+印刷済みメインパネルにパイロットランプを組み込んだものです。ゲージパネルはすでに完成していて、あと残るは「アルミ削り出しリング」の試作確認のみです。

今回のNB用では、NA用のクローム仕様とは差別化し、「NBの洗練されたスポーティ感」を優先してアルミ素材そのものの風合いや輝きを前面に押し出そうと計画中で、その表面処理の具合を確認してはじめて最終仕様が固まります。ここから組み付け時の歩留まり等を想定し、売価設定をしてご予約開始の運びとなるのです。

これまでの経験から99%は問題ないと思うのですが、それでも万が一を考えると正式な受注はできません。受注をして、期待をさせた挙げ句「やっぱりNG」では申し訳が立たないのです。


もう少し、おそらくあと一週間で結論が出ると思います。50基分の部材を発注予定で、歩留まりを考えて限定45基でのご案内となります。即日完売ということはまずないでしょうから、「1時間ごとにサイトのリロード」はしなくても大丈夫です(笑)。


2015年

9月

02日

ND用製品・開発着手

先日の中部ミーティング、参加されたみなさまお疲れ様でした。またRSプロダクツのブースへお立ち寄り頂きましたみなさま、ありがとうございました。あいにくの天候にもかかわらず500台超のロードスターが終結したとのことで、あらためてRS乗りの情熱を実感致しました。

NDが60台強集った今回のミーティングでは、NDオーナーさんたちからのご要望やご意見をたくさん頂戴しました。中でも「メーター、やるんですか?」という声がやはり多く、持参したノーマルの純正メーター片手に様々な意見交換をさせて頂きました。そして名古屋へ帰還して、荷物の整理もままならない状態の中こうして開発スタッフとああでもないこうでもないと激論。

RSプロダクツとして、NDロードスター用製品の開発に着手した瞬間であります。

2015年

8月

28日

NB用メーター製品の先行受付

週末の中部ミーティング参加に向けて準備の真っ最中です。日曜日にご参加予定の皆様、ぜひRSプロダクツブースにお立ち寄り下さい。



さて表題の件、どのくらいのNBオーナーさんたちがご参加になるかはわかりませんが、当日はブースにて先行予約の受付をさせて頂こうと思います。パイロットランプやリングの仕様について、現場で色々とお話ができればいいなと思っております。

2015年

8月

24日

NAにだけではなく、NBにもまた。

NB用の新製品群へのお問い合わせ誠にありがとうございます。全国の熱心なNBオーナー様より多くの反響を頂戴しております。
まもなく完売予定の「NA用M2タイプ・ビンテージクラスター」とほぼ同じ仕様で、ゲージパネルも同じTYPE-MG ver.IIの意匠にて制作中です。質感や佇まいを重視しつつ、RSプロダクツが得意とするビンテージ路線を正攻法で形にしようと思います(ビンテージクラスターは限定生産45基となります)。

試作が仕上がるまでの間、しばらくはNA用のマテリアル画像を流用しつつのご紹介となりますが、各部ほとんどがNA用と相違ございませんのでイメージを膨らませて頂くには十分かと思っております。

続報にご期待ください。

2015年

8月

19日

NB用、まもなく受注開始致します。

大変お待たせしておりますNB用M2タイプ・ビンテージクラスターの受注をまもなく開始致します。本来であれば試作品の出来上がり後に画像をアップし、そこから受注をスタートさせようと計画しておりましたが、熱心なNBオーナーさんたちの「早く!」の声にお応えすることと致しました。まもなく受注受付を終了する「NA用」との違いは、リング部分を「クローム」ではなく「アルミ素地」を採用した程度で、その他パイロットランプのブラケット色やレンズカラーを選択できたり、ニードルキャップを各種ご用意したりとほぼ同じ仕様となっております。

 

NBオーナーの皆様、もう間もなくです。

2015年

8月

07日

NB用、まずはゲージパネルから

NB用のメーター周辺製品の開発が順調に進んでおります。NA用に続きNB用でもM2タイプ・ビンテージクラスターを発売予定ですが、まずはそれにマッチするゲージパネルのグラフィックが完成致しました。

「NB用クラシックゲージパネルTYPE-MG(ver.II)」とし、過去に好評頂き完売から数年経過した「NB用クラシックゲージパネルTYPE-MG」のリニューアル仕様となります。これら画像の通り、M2タイプ・ビンテージクラスター未装着の「純正状態」でも単独装着して頂けるようグラフィックを練りました。

このように、クラシックニードルキャップの仕様違いや指針カラー違いで様々な表情を楽しむことができます。また、ただ単純にNA用を移植・最適化させるだけではなく、速度計のマイル表示部分をイエローにするなどの変更を施し、NBロードスターらしい洗練された意匠を目指しました。


ご予約開始日やデリバリー時期などのご案内については今しばらくお待ち下さいませ。

2015年

8月

04日

NB用メーター関連開発情報

目下、NA用M2タイプ・ビンテージクラスターの仕上げと発送を連日行っていますが、その合間を縫ってNB用の開発作業も進めています。おそらく近日中にまずは「NB用クラシックゲージパネルTYPE-MG(ver.II)」のご案内ができると思います。続報にご期待下さい。



2015年

7月

31日

ビンテージクラスター発送情報#02

今週中とお伝えした末尾[030]~のオーナー様への発送ですが、あさって08/02(日)の手配となってしまいました。申し訳ございません。付属品の黒染めボルトの入荷が遅れてしまったことに起因しております。この週末には取り付け作業をご予定されていたみなさま、本当に申し訳ございません。どうか今しばらくお待ち下さいませ。

2015年

7月

21日

ビンテージクラスター発送情報

受注生産品「NA用M2タイプ・ビンテージクラスター」の出荷を引き続き行っております。お申込時にこちらからお送りさせて頂いたメールに記載の[ご注文番号]の末尾[016]~[029]のみなさまへは今週07/21-25にかけて、末尾[030]~[041]のみなさまへは今月末までに出荷致します。予定よりもやや遅れてしまいましたが、順次出荷させて頂きますのでどうぞ宜しくお願い致します。

2015年

7月

13日

間もなく受付を締め切ります。

順次発送を開始しております受注生産品「NA用M2タイプ・ビンテージクラスター」のお申込み受付を間もなく終了致します。気になっておられる方、未だに仕様でお悩みの方、完売の際はどうぞご容赦下さい。

お待たせしております皆様、発送スケジュールの更新を明日以降こちらでご案内致しますので今しばらくお待ち下さいませ。

2015年

7月

03日

出荷を開始致します。

受注生産品「NA用M2タイプ・ビンテージクラスター」の出荷を開始致します。お申込時にこちらからお送りさせて頂いたメールに記載の[ご注文番号]の末尾[001]~[015]のみなさまへ第一陣として出荷致します。[016]以降の皆様へも、この後順次発送させて頂きますので今しばらくお待ち下さいませ。発送予定のアップデートは、引き続きこのコラムページにてご案内させて頂きます。

2015年

7月

01日

この7月は「NBメーター月間」。


既に廃盤の「NB用クラシックゲージパネル」の完売からはや数年。もし再販するならば新しい意匠で、という気持ちからなかなか着手できずにおりました。実を言うと、旧仕様は色々な部分で「妥協」があり、NA用のそれに比べるとグラフィック面で納得のいかぬ要素がいくつかございました。

表題の通り、今月はNB用ゲージ月間としてデザインの完成・発表と、ご予約受付まで一気に進めます。先述のような「旧仕様における不満」を解消し、妥協のないデザインを起こそうと考えております。これまで再販リクエストを送って頂きました多くのNBオーナーの皆様、どうぞご期待下さい。

2015年

6月

19日

アウトレットストア更新

撮影用に提供したり自社で使用した製品の一部を新品同様に整備して再梱包したものをアウトレットストアへ掲載致しました。

今回はNC2/3用の人気アイテムがズラリ。数量に限りがございますので完売の際はどうかご容赦下さいませ

2015年

6月

17日

役者は揃った

NA用M2タイプ・ビンテージクラスターのアッセンブリー工程に入っております。最後まで仕上がりを待っていたのがこのクロームリング。今回の製品のキモともいうべき部品であるゆえ、仕上がりには細心の注意を払いました。組み立てラインへと移動させる前に、まずは今夜ひと晩かけて一点ずつ入念に検品です。何事もありませんように・・・。

2015年

6月

16日

照れくさいのと感慨深いのと

先般ご紹介致しました交通タイムスさんの新型ロードスター本、先週から書店に並んでいるようです。世間のND熱を盛り上げるべくひと肌脱がせて頂いた取材ですが、意外にも見開き2ページを割いた大胆な内容に私もやや当惑気味。こっ恥ずかしい気持ちの反面、私が20年間ずっと愛でてきたNAがこんな形で世間様の目に触れることになろうとはなんとも感慨深いです。


ニーレックスさんのクラシックスイッチとデイトナのACリングを装着したのを皮切りに、ひたすら内装のカスタムに心血を注いでいたあの頃の私。ついには市販品に満足できなくなった末にワンオフでエアコンパネルを制作したのがRSプロダクツのはじまりです。


「ロードスターに乗ってシアワセになった人」のうちの特殊な例として、みなさまも機会があればご一読下さい。

2015年

6月

15日

ケシカランほどにスバラシイ

なんだか変わり映えしない画像で恐縮です。「NA用M2タイプ・ビンテージクラスター」ですが、いよいよファーストロットの組み立てが始まります。一応、明日には出来たてホヤホヤの[TYPE-A]+[MG ver.II]へと換装するため、この[TYPE-B]+[RS]も暫く見納めとなります。換装したら、同じ場所同じ時刻同じライティングで撮影しようと思っております。その画像と今日のこの画像を見比べて、未だ仕様の結論が出ないというオーナーさんはぜひそろそろ腹を括って下さいね(笑)。

2015年

6月

13日

次週より本格アッセンブリー工程へ

受注生産のお申し込み受付中の「NA用M2タイプ・ビンテージクラスター」ですが、いよいよそれぞれ部材が仕上がって参りました。オーナー様それぞれでご選択頂きました細かい仕様別に、来週より一基ずつ手作業で仕上げていきます。

なお、一部仕様に関し生産数量に間もなく達するものがございますので、ご入用の際はどうぞお早めにお申し付け下さい。

2015年

6月

11日

人間、好みは変わるもの。

これまでは頑なにブラックしか用意しなかったニードルキャップですが、それは単純にシルバーのキャップが「僕の好みでなかった」から。正確には「食わず嫌い」的要素が強く、結局のところシルバーのキャップを装着したり見たりする機会に恵まれなかったというだけなのです。この半年でお付き合いがある切削職人さんのオフィスで「チタンアルマイト仕様」の楽器の調整ノブサンプルを見た瞬間「これだ!」と衝撃を受け、NA/NB用に急遽設定することに。今では、この画像のようにM2タイプ・ビンテージクラスターの試作モデルと合わせて毎晩楽しんでいるのです。


段付きクロームリング・独立ガラス・パイロットランプ・緑の照明・モトリタのステアリングにこのチタンアルマイトのニードルキャップ・・・。現状における、RSプロダクツ代表の考える「最強の組み合わせ」がこれなのです。ま、たぶん数週間後にはインナーパネルつきビンテージクラスター+TYPE-MG(ver.II)+白照明がやっぱり最高!となっているような気もしますが(笑)。

2015年

6月

09日

全国のNBオーナーへ贈る究極の逸品

NB用の新製品に関するプロジェクトを本格スタートさせました。NB1〜NB4までのすべての二代目ロードスターに対応する最高のゲージパネル&メーターパネルを開発します。こうしてあらためて純正ゲージを眺めていると・・・うーん、やはりチープさは否めませんね。決して批判しているわけではなく「大量生産におけるコストダウンの弊害」がこのような大切な部分にまで影響しているのかと思うと少し切なくなるのです。


頑張ります。

2015年

6月

08日

M2タイプ・ビンテージクラスターお申し込み受付について

受注生産品「NA用M2タイプ・ビンテージクラスター」ですが、間もなく最終組み立てに入り20日前後には第一便の発送となります。現在のところ、まだ各タイプとも若干数の余裕がございますので、本日以降改めて製品の詳細についてご案内をさせて頂きます。ここ最近でこの製品やRSプロダクツをお知りになった方へ向けてのご案内ですので、一部重複する内容がございますことをご理解下さい。既にご注文済みの方はこれら画像群からいろいろとイメージを膨らませていただき「その時」をどうぞ今からお楽しみにして頂ければと思います。

2015年

6月

05日

ND用製品開発のはじまり

昨年の中部ミーティングで実車を見て、先月末には試乗車を運転。そして先般の軽井沢では実際に入手されたオーナーさんの笑顔に触れました。結論から言うと「NDロードスター、イイ!」という感想。新潟のステージ代表・田畑さんとの立ち話の中でしばし取り交わしたND談義でも、やはり同様のご意見がありました。歴代ロードスターを熟知しておられる田畑さんのお墨付きが出たからにはもうこれは間違いないでしょう。


試乗車を運転していて感じたのは“適度にタイトなコクピット感”。インパネ周りの質感も悪くない。表現しづらいのですが「隙のないまとまり」があって、「運転に集中できる環境」とでも言いましょうか、インテリアパーツメーカーとしては「イジるところないじゃん」というのが素直な感想です。


車体が売れているから、作れば売れそうだからという理由だけではRSプロダクツとして製品の開発はできません。とはいえ、NDオーナーさんたちからのリクエストがあった場合に直ちに動けるように準備だけはしておこうと、昨日ディーラーさんにてメーターAssyを入手。


丁寧に慎重にメーターを外してみると・・・。「これは面白いモノができる!!」と確信した瞬間です。メタルを奢って質感を高めるやり方ではなく、単純に新型NDロードスターの内装をさり気なく、そしてオシャレに演出するアイディアが溢れ出てきました。ただし、過去3代のロードスターのそれとは違い、クリアせねばならぬ問題や知恵を絞らねばならない壁がいくつもあるというのが現実で、今すぐにとはいかない現実も同時にございます。


時間をかけてジックリと取り組もうと思っております。

2015年

6月

04日

盛況御礼


先週末の軽井沢ミーティングでRSプロダクツのブースへお立ち寄り下さいました皆様、誠にありがとうございました。皆様とは色々なお話ができ、今後の製品展開の参考にとなるアイディアも多数頂戴致しました。NB用製品のラインナップがNA/NCに比べて少なく、NBオーナーさんには毎年残念な想いをさせて参りましたが、直近の開発プランが「NB用のゲージ関連」であることをご案内すると皆様表情が明るくなり「期待してます!」との励ましのお言葉まで頂戴しました。


まずはRSプロダクツテイストの渋めのゲージパネルを数点、

その後はNA用でご好評の「M2タイプ・ビンテージクラスター」のNB版の開発を予定しております(発売日未定)。


NBオーナーの皆様、続報にご期待下さい。

2015年

5月

29日

天気予報なんてク○喰らえ!

穏やかならぬトーンで恐縮です。日曜日の軽井沢、昨日までは傘マークだったのが今では雲マークとなっております。土曜には太陽マークと雲マークが並び、結局当日は太陽マークだけ・・・という希望的観測。やっぱりお祭りは晴天が良く似合います。


経験的には、多少の雨でも集まるのがロードスターオーナー。そして、予報をモノともしない「軽井沢マジック」という奥の手があるのであまり心配はしておりません。



このような状況下、軽井沢を盛り上げるため全国から集まるオーナー様たちには、RSプロダクツとしてささやかなサプライズをいくつかご用意しております。特にNC2/3オーナーさんたちには結構なディープインパクトを画策中。そしてNDオーナーにも・・・。雨でも晴れでも嵐でも(笑)、みなさまどうぞRSプロダクツブースへお立ち寄り下さい。製品をお買い上げの方にはマイナーチェンジを施して質感がアップした[RSプロダクツ謹製ステッカー]をもれなく進呈させて頂きます。またこのコラムをご愛読下さる方には「ステッカークレクレ」のひと言でご購入に関係なく進呈致します。



当日はどうかみなさま安全運転で。

2015年

5月

28日

軽井沢にご参加のNC2/3オーナーさま

いよいよこの週末に迫った2015年・軽井沢ミーティング。それに向けて目下、NC2/3用メーターを製作中です。


ゲージ内インジケーターを実現したこのメタルクラスターユニットは、国内外の多くのNCオーナーの方々より絶賛頂きました。軽井沢ミーティング当日はぜひ現物にて「造り込み」と「精度」そして「輝き」をご確認頂きたいなと思います。


持参できる数量は限られておりますので、ご興味のある方はなるべくお早めにお立ち寄り下さい。

2015年

5月

27日

貴方のワガママ、組長が叶えます

毎年この時期と言えば「軽井沢準備」のドタバタの真っ最中。ところが今年は余裕があります。昨年の夏以降、RSプロダクツの製造・管理部門を一手に担っている「組長」ことK部長によって、製品のパッキング・在庫数量管理などをほぼ完璧なまでに遂行してくれたからなのであります。例年ならば説明書を折ったり台紙を切ったり・・・と泣きそうになっている頃です。


そのK部長は今年の軽井沢が初参加。ロードスターオーナーさんたちのワガママにお応えすべく「ワンオフ製作相談窓口」を設けて対応させて頂きます。諦めていた貴方のオリジナルパーツ、是非RSプロダクツブースの「組長」へご遠慮なくご相談下さい。

2015年

5月

26日

NDロードスター試乗

遅ればせながら、行きつけのディーラーさんにてNDに試乗。もちろんMT車です。


結論から言うとこいつは「現代のNAロードスター」という表現がピタリとはまります。スイスイヒラヒラスススー、というあの感覚です。NCに試乗した10年前のあの日、感想は「素晴らしい剛性感。しかしデカくて重い!ぐむぅ」だったことを考えると今回のNDには好感以外に何もありません。マツダさんにブラボーです。


さて、既に納車が始まっているこのNDロードスターですが、今週末の軽井沢には納車したてのピッカピカが数台訪れることでしょう。旧世代からの乗り換えの方や、NDからロードスターの世界に加わる方など様々でしょうが、今後の製品開発の参考に色々お話が聞きたいので是非RSプロダクツのブースへお立ち寄り下さい。もしかしたら1点だけND向けカスタム部品を持参できるかもしれませんのでどうぞお楽しみに(とは言ってもここをご覧の方は殆どがNAオーナーなんですがw)。

2015年

5月

22日

新型ロードスターがやって来た

新型の特集本の取材で、NDロードスターの実車が遠路ヨコハマから登場。新型に寄せる期待やカスタムパーツの開発状況などについてRSプロダクツの見解をお話しさせて頂きました。残念ながら運転はNGでしたが、運転席からの眺めや各部の質感・手触りなどはしっかりと確認できました。


とりあえず「各種内装部品を注文してみようかな」という感じでございます。



[書籍紹介]

誌名:ニューカー速報プラス 新型ロードスター

発行:(株)交通タイムス社

発売:2015年6月9日

2015年

5月

20日

夜の表情

意外にもこれまでご案内していなかったM2タイプ・ビンテージクラスターの「夜の顔」です。私はこのグリーン照明に拘っているためやや面白味に欠けますが、これから随時ホワイトやレッドのイルミネーションでも撮影してみようと思います。


なお、日々蓄積されていく「お申し込みオーナー様からのコメント」について近日中に更新しようと思っております。